舛添要一氏、小室哲哉の引退受け警鐘 「優れた才能がまた一つ消えていく」 「日本は確実に劣化していく」

ライブドアニュース 舛添要一氏、小室哲哉の引退受け警鐘「日本は確実に劣化していく」

 音楽プロデューサー小室哲哉(59)の引退騒動を受け、元東京都知事の舛添要一氏(69)が「日本は終わる」と警鐘を鳴らした。

 小室は「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられ、19日に記者会見を開き「僕なりの騒動のケジメとして引退を決意しました」と引退を表明。ネット上では多くのファンから悲鳴があがると同時に、文春への批判も噴出した。

 政治資金問題などを週刊誌に報じられて知事を辞任した過去がある舛添氏は同日ツイッターで小室の引退騒動に触れ、「優れた才能がまた一つ消えていく。週刊誌による興味本位の有名人不倫報道、いつまでこんな非生産的なことを続けるのか。日本は確実に劣化していく」と嘆いた。

 また舛添氏は「小室哲哉の辞任会見に正義漢ぶってコメントする者たちへ」とし、「『汝らのうち、罪なき者まず石をなげうて』(ヨハネによる福音書8章1~11節)というキリストの言葉をおくる。発行部数と視聴率、正義どころか、金儲け第一主義。日本は終わる」とつづった。

2018/01/20 | 14:05
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

さて週刊文春よ、どうする!? 小室哲哉氏 引退を表明

RocketNews24. 小室哲哉氏、引退を表明 / 今回の騒動を受けて

週刊文春に不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉氏が、本日2018年1月19日、東京港区のエイベックスビルにて記者会見を行った。予定より10分遅れで始まった会見、そこで小室氏は「今回の騒動を受けて引退する」と発表した。

会見冒頭に妻ケイコさん、ならびに報道された相手の方にお詫びの言葉を口にした小室氏。「引退」という衝撃的な発表をすると、言葉を詰まらせながら今までの経緯を振り返った。

なんでも小室氏自身、2年前にC型肝炎を患い、2人とも闘病状態になってしまっていたそうだ。そして現在、突発性難聴と睡眠障害も患っているのだとか。

・誤解を与えてしまった
また、小室氏は「相手の看護師さんに迷惑をかけてしまった。医療関係者の1人として、もっとも信頼していた」とし、「医療行為とはいえ、密室で2人で長時間いたことで誤解を与えてしまった」と説明。

しかし、「女性として来てもらったことは一度もない」と発言し、不倫報道をやんわりと否定した格好だ。

とにかく、記者会見の現場からは以上である。また新たな情報が入り次第、追ってお伝えしよう。


2018/01/19 | 14:10
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

小室哲哉 不貞報道に擁護の声が多くあがるワケ

アサジョ 小室哲哉と美人看護師の不貞報道に擁護の声が多くあがるワケとは?

1月18日発売の「週刊文春」が、音楽プロデューサー・小室哲哉の不貞疑惑を報じた。記事によると小室は、妻のKEIKOが実家に帰省している間に女性看護師を自宅に泊めるなどしていたという。

「記事によると、小室は昨年の12月に女性看護師の自宅に宿泊、そして今年の1月上旬には都内のホテルで密会していたそうです。さらにKEIKOが帰省中だった13日には、自宅に看護師を招き入れて一夜を共にしたとか。この報道に対し小室は『誤解を招く甘い言動が多々ありました』と謝罪しつつ、男女関係は否定しています」(芸能記者)

 そんな小室の不貞疑惑には批判が殺到する一方で、なぜか小室を擁護する声も多くあがっているというのだ。

「11年にKEIKOがくも膜下出血を患って以降の6年間、小室は妻を献身的に支えてきました。そんな背景があるだけに、ネットでは『介護を6年続けるって、相当大変なことだよ。逃げたくなる日もある』との同情論も。不貞は良くないこととしながらも『介護の疲れや愚痴を言える相手は必要』との声も出ています。なかでも介護経験者からは『一概に責められない』と、擁護の声があがっています」(前出・芸能記者)


2018/01/18 | 19:04
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

小室哲哉の不倫報道 攻撃しにくい雰囲気がある

小室哲哉の不倫報道がイマイチ盛り上がらない5つの理由

2018年も絶好調の週刊文春が、新年早々 “文春砲” をぶっ放した。文春オンラインによれば、音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、妻・KEIKOさんの介護のかたわら看護師の女性を自宅に招き入れ一夜を共にしたという。

90年代を代表する超大物であり、文句なしのビッグネーム「小室哲哉の不倫疑惑」となれば大騒ぎ間違いなし……と思いきや、世間の反応は意外と冷静だ。今回は「なぜ小室哲哉の不倫報道がイマイチ盛り上がらないのか?」について考察していきたい。

・5つの理由
日本中がその話題で持ちきりとなった「ベッキー & ゲス川谷」の不倫報道と比べて、今回の報道はかなり温度が低い。表現が適切かはわからないが、全く盛り上がっていないのだ。記者なりにその理由を考えたところ、5つの理由が存在したので以下で説明していきたい。


「攻撃しにくい雰囲気がある」

ご存じの通り、現在TKはリハビリに励む妻のKEIKOさんの看護に付き添っている。つまり7年以上は献身的に妻を支え続けてきた格好だ。そんなTKに対し世間が同情的な感情を持ち合わせていることは想像に難くない。

ベッキーや宮迫さんのときはあれほど舌鋒鋭かったコメンテーター陣も、テレビを見る限りそうした雰囲気はかなり薄い。これは現在TKが置かれている状況が、攻撃しにくい雰囲気であり、コメンテーターたちもある意味で空気を読んでいるのだろう。

2018/01/18 | 15:47
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

小室哲哉 看護師密会

小室哲哉、KEIKO介護の陰で不倫か 看護師と高級ホテルで密会

小室哲哉と看護師の女性の密会について文春が報じた
女性宅や都内の高級ホテル、小室の自宅などで密会していたという
小室は男女の関係は否定したが、自宅の部屋で一緒に寝たことは認めた

詳細は、1月18日(木)発売の「週刊文春」1月25日号で報じている。また、本記事に関連する2つの動画《密会編》《告白編》が、同日(木)朝5時より「週刊文春デジタル」にて公開される予定。


2018/01/17 | 18:07
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?