小室哲哉が佐野研二郎氏の盗作疑惑に持論 「芸術は感化の積み重ね」

livedoor‎ 小室哲哉が佐野研二郎氏の盗作疑惑に持論 「芸術は感化の積み重ね」

音楽プロデューサーの小室哲哉(56)が、盗作疑惑で問題となっている2020年東京五輪公式エンブレムについて、「芸術は感化の積み重ね」と持論を展開した。

 小室は19日にツイッターでエンブレムの話題に触れ、「音楽とは全く異なるけれど、僕も、僕にも音楽家たちは何の、どこにインスパイアされたと明確に言及する事は多い。芸術は感化の積み重ね。突然、無からやって来る事はあり得ない」と、アーティストとしての立場から作品を作る際の着想についてつづった。

 同エンブレムをデザインしたアートディレクター佐野研二郎氏(43)は盗作疑惑を「全くの事実無根」と否定しているが、小室は「ルーツを話してあげれば、もう少し皆んな納得がいくんじゃないかな~」と私見を述べた。


2015/08/19 | 13:43
小室哲哉コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?