Purple Days 2012/2/15 4thSGリリース決定!! 作曲は小室哲哉!!

Purple Days official website

日本のポップスシーンに脈々と続くデジタルサウンドロックユニットの旗手として着実に活躍を続けるPurple Daysの4thシングル。22年ぶりにリリースされた小室哲哉氏のソロアルバムに、KREVA、VERVAL、AAA(宇野、浦田、日高)、坂本美雨、等とともに参加。また6月にはミュージシャン、タレント、俳優、、枠組みを超えた男子による新しいエンタメ「MEN-tertainment」への出演や、AAAさいたまスーパーアリーナ公演のOPアクト、さらにa-nation'10では全会場へのOPアクト出演を経て、着実に人気、実力ともにアップしているPurple Days。10月には自身初のワンマンライブを無事に成功させました。今作では彼らの成り立ちに大きな影響を与えた、小室哲哉氏による楽曲を満を持してリリース!!c/wにはa-nation用に書き下ろされ、Purple Daysの新機軸の一つといえるアゲアゲソングとして会場を湧かした「ハピラバ」を収録。新たな歴史の開拓の一歩を踏み出す1枚の完成です!!



いつかくるのでは!!と想っていましたが4枚目のシングルで実現!!
これは気になりますね!!




キーボード・マガジン2012WINTER号の特集、"Keyboard of the 80s~現代に生きる歴史的サウンドを大研究!"にて、Purple Daysのキーボード石坂翔太さんに登場していただきました! ヤマハDX7を使ったトラックを作っていただいたので、ぜひチェックしてください。


右上のシンセは小室さんが使用したDXらしいです。

キーボード・マガジン 2012年1月号 WINTER

品種: 雑誌
ページ数:250ページ
サイズ:A4変型判
付録:CD、小冊子
発行:リットーミュージック
商品ID:RM211201
発売日:2011.12.10予定
販売価格:1,500円 (税込)

■機材特集【CD連動】
Keyboard of the 80s
~現代に生きる歴史的サウンドを大研究!
 本誌キーボードマガジンが創刊されたのは79年6月。記念すべき創刊号の特集は"80年代はキーボードが主役だ!"だった。そして迎えた80年代は、まさにそのタイトルのとおり、キーボードにとっても音楽にとっても怒涛の10年となった。本特集では、このキーボードの黄金時代とも言うべき80年代をさまざまな角度から検証する。

■アーティスト
サカナクション/スキマスイッチ/ドリーム・シアター/宇都宮隆/東京事変


9月に言ってたこれはどうなったんだろう(^_-)-☆
小室哲哉監修シンセサイザーコンテスト企画中!!


2011/12/10 | 00:30
Purple Days コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?