小室哲哉が大森靖子に感謝している理由とは?

ガジェット通信 小室哲哉が大森靖子に感謝している理由とは?

J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「CAFE TALK」。今週は、大森靖子さんと小室哲哉さんのトークをお届けしています。初日となる10月31日(月)のオンエアは、小室さんが作曲した大森さんのニューシングル「POSITIVE STRESS」の話で盛り上がりました。

小室さんは、自分が作った曲を大森さんのような“ニュータイプ”の人が歌うとどうなるのか、という興味があったそうです。

小室:大森さんが歌ったり、作詞をしてくれたら、僕自身の曲も今っぽくなるのかなと期待していたので。僕が「彼女みたいな人にも提供できるじゃん」みたいに思ってもらえた感じになったというか…だから感謝しています。

大森:曲のエネルギーに言葉を跳ね返される体験を初めてして、「この言葉は受け入れないよ」って言葉が結構あったんですよ。でもすごい楽しかったです。言葉を曲に提出しているみたいな気持ちで、今までそんな作業をやったことなかったので…。

小室:ビデオを見て、歌詞を追ってたんですけど、僕では出てこない譜割とか言葉の乗せ方とかがあって。どこが一番残って欲しいですか? 「ここは残って欲しい」と思うワードとか。

大森:どれも、いろんな言い回しで肯定をしていきたいと思ってるんです。もともと弾き語りなので音が少なくて、どんどん言葉を投げないと飽きちゃうから、いっぱい言葉を詰め込むようになったんです。

小室:「私は私よ」っていうところが、きちんと主張しているのかなって思ったり、どのセンテンスをとっても「ここが残って欲しい」というのを感じるので、すごく面白いなと。

大森:「私は私よ」は10年ぶりくらいに使ったんですよ。インディーズの時に使っていて、今使ったらどうなるだろうみたいに思って。

小室:すごく今風な感じはするよね。

大森:ほんとですか!?

小室:大森靖子さんに料理してもらうと、今の時代の若い子達の世代を表現してくれると思っていて、すごく頼りにしていたんでよかったと思っています。

大森さんは、小室さんがプロデュースした曲を聴いて育った世代ということもあり、ボーカルの重ね方を真似したり、編曲のアレンジャーさんへのリスペクトを込めたりしたそうです。小室さんは「今っぽくて可愛くて、今のJ-POPを象徴してる」と思ったとか。

大森:(感想は)「楽しかった」しかないです! ずっと大丈夫かな…って思いながらやっていました。

小室:大丈夫でしょ。大森靖子ワールドがあるからね。

「大森靖子ワールド」について、すっかり感心していた小室さん。小室さんと大森さんのトーク、11月1日(火)は、大森さんが涙するほどの小室さんの名言についてお送りします。放送は10時30分頃からです。お楽しみに!



映像演出は、数多くの傑作MVを世に送り出し、小室哲哉楽曲の映像演出も多く手がけて来た武藤 眞志が担当。MVは2シーンで構成され、富士山麓で行われたロケでは、妖艶でどこか儚い、今までの大森靖子とは明らかに違う映像演出に目が離せない。そしてもう1シーンは渋谷の街中でロケを敢行。こちらはいつもの?大森靖子らしく街中を縦横無尽に駆けまわり、激しく歌唱するゲリラ映像になっている。陰と陽、明と暗、この2シーンが絶妙なバランスで構成され大森靖子の新たな一面を引き出した素晴らしいMVに仕上がっている。



2016/11/01 | 18:35
小室哲哉コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?