小室哲哉、KEIKOの病状を告白 レコーディングに挑戦

livedoor‎ 小室哲哉が妻KEIKOの病状を告白 レコーディングに挑戦

30日放送の「古市ドア」(フジテレビ系)で、音楽プロデューサーの小室哲哉が、妻・KEIKOの病状を告白する場面があった。

同番組は、社会学者の古市憲寿氏が初MCを務め、各界の有名人とふたりきりでトークを繰り広げる特番だ。

この日の放送では、小室がゲストで登場し、最近の音楽シーンなどについて語る中、古市氏はKEIKOの現在を尋ねた。KEIKOは2011年にくも膜下出血で手術を受けた後、後遺症による記憶障害を起こし、現在までリハビリが続いている。

小室によると、KEIKOは「歌いたい」と思うそうだ。そのため、一度元気を取り戻したとき、レコーディングにチャレンジしたが上手くいかなかったという。

KEIKOの集中力が続かないようで、楽曲が2番に差し掛かると「また同じの?」とこぼし、そこで歌に飽きてしまうのだとか。小室は「それぐらいは分かるようになってきてるんだけど…」と漏らしていた。

そんな状態のKEIKOであるが、小室は「純粋ですごく素敵な人だと思うけど。ホントそれは間違いないと思うよね」「ずっと横にいてほしいという感じじゃなくて。存在だけでもあってくれればいいなという感じなのかな」と、妻に対する思いを吐露していた。


2016/03/30 | 12:21
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

クロレッツ スッキリ応援歌を小室哲哉がプロデュース!!

小室哲哉 feat. スッキリ応援歌メーカー|クロレッツ スッキリ総研

この度わたくし小室哲哉は、cloretsと一緒に、日本をスッキリさせる
応援歌をつくることになり、作曲を担当いたします。
つきましては、歌詞を書いてくれる作詞家を探しています。
下記のフォーマットに入れて、歌詞を送ってください。

話題になった時のプロモーション用に、あなたの写真の送付も
お忘れなく。一緒にいい歌をつくりましょう。


クロレッツ XP リニューアル発売|モンデリーズ・ジャパン株式会社

モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:リアン・カッツ)は、主力ブランドであるクロレッツ製品をフルリニューアルし、2016年3月28日(月)より全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、駅売店などで発売開始します。またリニューアルを記念し、同日より「スッキリジャパン 応援歌キャンペーン! 小室哲哉と応援歌をつくって豪華賞品を当てよう!」を開始します。

30分間安定的なスッキリ感を提供※2
発売以来、独自技術の開発・採用により「息スッキリ」を訴求し続けてきたクロレッツは、このたび新たな処方を採用※1したことで、今まで以上に食べ始めの冷涼感がアップしました。ミント感を底上げするようなインパクトの強いメントールを使用し、30分間安定的にスッキリ感をもたらすよう調整した最適な成分バランスとなっています。さらに、パッケージでは革新的な「次世代2WAYキャップ」ボトルと、健康に配慮した前面カロリー表示パッケージを採用しています。

小室哲哉さんプロデュースのスッキリ応援歌を作ろう!
150万円相当の金のミニメガホン他、スッキリ応援グッズが当たるキャンペーン実施
リニューアルを記念し、「スッキリジャパン 応援歌キャンペーン! 小室哲哉と応援歌をつくって豪華賞品を当てよう!」を実施します。「日本にはスッキリが必要だ」をスローガンに昨年設立した、世の中のあらゆる「スッキリ」を調査・研究、発表する「Cloretsスッキリ総研」が、「スッキリ応援歌メーカー」を小室哲哉さんと共同開発しました。キャンペーン専用ウェブサイトにアクセスし、スッキリしたい人・事柄、作詞家名を入力するだけで、自分自身や家族、友人に宛てたスッキリ応援歌ムービーが作成できます。「Cloretsスッキリ総研」は、日本国民のスッキリした生活を応援する日本代表を目指し、人々にパワーを与える数々の名曲を世の中に送り続けてきた小室さんとコラボレーションすることで、日本中にスッキリをお届けします。作曲を担当した小室さんは、「日本中をスッキリさせる応援歌が完成しました。このスッキリ応援歌で、みなさんも誰かを応援してください!」と語っています。さらに、キャンペーン専用ウェブサイトで応援歌ムービーを作成し、応募した方の中から抽選で1名様に150万円相当の金のミニメガホンが当たる他、合計1,101名様にスッキリ応援グッズが当たります。


2016/03/28 | 12:12
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

TM NETWORK 2012-2015 発売カウントダウン映像まとめ





























2016/03/23 | 15:10
TM NETWORKコメント:0トラックバック:0

福山雅治 『ウタフクヤマ』が復活!小室哲哉、奥田民生、宇崎竜童らと夢のセッションが実現

スポーツ報知‎ 福山雅治が宇崎竜童らと夢のセッション、小室哲哉のムチャ指令にも…

歌手で俳優の福山雅治(47)が、ミュージシャンや俳優たちとセッションやトークを繰り広げるフジテレビ系「ウタフクヤマ」が、27日(後11時15分)に放送されることが決まった。

 女優・吹石一恵(33)との結婚後初ドラマとなる同局系“月9”「ラヴソング」スタートを4月に控え多忙な福山。小室哲哉(57)から即興で曲をつけろとムチャぶりされ、「セリフも覚えなきゃいけないんですけど」と言いながらも完成させるなど夢のような1時間が繰り広げられる。

 同番組は、リリー・フランキー(52)が店主の「スナック泣かせて」を舞台に、福山ら常連客がセッションやトークを披露する―という設定で、昨年10月に2週連続で放送。大反響を呼んだ。

 今回はお店のママに女優の蒼井優(30)を招き、小室、奥田民生(50)、JUN SKY WALKER(S)の宮田和弥(50)、三沢またろう(55)、NMB48の山本彩(22)が登場。さらに「ラヴソング」で共演する宇崎竜童(70)や田中哲司(50)らもゲスト出演する。

 見どころは「オリジナルソングです」と福山本人もいうように、番組中に小室が歌詞を書き下ろし、「小室先輩からの激しいフリが来て」という曲完成指令に数分で応える“曲が生まれる瞬間”に立ち会える。「曲を作っている時のことというのは自分でもあまり覚えてなくて。僕自身も含め皆さんにも楽しんでいただけたらと思います」と福山は語る。

 セッションでは、ほぼ初共演となる福山と宇崎の夢のコラボも実現し、「男のギターと男の歌というセッションがとてもセクシーでした」と蒼井も絶賛。ドラマの題名「ラヴソング」にちなみ、田中がリクエストしたラブソングをセッションするなど、名曲の数々を福山とゲストたちが奏でる。

 リリー・フランキーは「エモーションを感じていただけたら」。最初は緊張していた蒼井も「こんな酔い方をしたのは初めて。仕事にかこつけたプライベートです」と勢いと熱気に満足した様子。収録を終えた福山は、「会いたい人、お酒を飲みたい人が皆さん来てくださって。会いたい人、飲みたい人とは仕事をする。そうすれば飲めるんだ!そう思いました(笑)」と、夢のようなひとときを振り返った。

2016/03/18 | 12:17
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

小室哲哉がglobeで表現した、 女性の持つ"強さ" "美しさ" "切なさ"の物語

globe Official Website

小室哲哉がglobeという音楽ユニットで表現した、 女性の持つ"強さ" "美しさ" "切なさ"の物語。

そこには、傷、痛み、愛、など、様々な女性の心が描かれていました。
90年代、日本中の女性がその世界観に共感し、酔いしれた。
自分自身の傷や痛みと重ね合わせたのです。

そして2016年。
globeの楽曲をリアルタイムに経験した世代だけでなく、 若い世代にも楽曲とその世界観を伝えるため、モデル・女優として 今まさに活躍しているファッション・アイコンを主演女優に起用した ミュージックビデオを制作します。

その主演女優が演じる世界観、むき出しの感情を通じて、 現代の若い女性たちがglobeの世界観にリアリティを持って 触れていくこと、そして小室哲哉が描く歌詞の世界観に 触れるきっかけになることを願います。

#1「FACE」主演:池田エライザ
-3年前の出来事-
(歌手を目指し東京へ出て行ったエライザは、レコード会社からデビューを果たす。
しかし、納得行く活動ができず、結果彼女は歌を辞めて熱海の実家に戻ってくる)

-現在の人生-
それから2年、彼女は母親が営むスナックで夜はアルバイトという、淡々とした日々を暮らしていた。
歌を諦めたわけではないのに、歌を辞めなければいけなくなった自分と日々戦っていた。
自分のやりたい事をやれない日常、そんなどうしようもない人生…。本当の自分が死んでいく感覚…。いつかどこかでこのケジメはつけないといけないと思いながらも、日々は淡々と流れて行く。そしてある日。彼女はお店を出て、買い物へ行く。そして、またお店にもどってくるだけの時間の中に、彼女の人生の分岐点が存在した。

この日、彼女にとって、人生2回目の東京行きを決意する夜となった。誰しも決断し、その一歩を踏み出す。

本当の自分を見つめ、取り戻し、そして生きていく。“FACE”はそんな女性のための応援歌。がむしゃらに、ひたむきに自分の人生と向き合い、戦い続ける女性の応援歌。

池田エライザコメント
多くの方に愛され続けるglobeのMV企画第一弾に呼んでいただけて とても幸せです。
globeの想いを体現できるように撮影では素敵なメンバーで全てを出し切りました。今を生きる少女が今に抗い強く生きる。そんなMVになっています。これを見た人はきっと勇気を持てるはず。そう思っていますので、是非自分と照らし合わせながら観てみてください!

薮内省吾監督コメント
“人生の分岐点”というのが今回のテーマでもありました。つまり、人はたった10分ほどの時間の中でも重大な決断を下す、ということ。
今回の構成は、お店を出て、買い出しをして、またお店に帰ってくる。
ただそれだけの時間を切り取って、FACEの世界観と共に彼女の物語として見せることが出来るか?という実験でもあったので、非常に怖かったです。
出演も、基本エライザさん1人ですし、他のシーンが無いので編集でごまかしが効かないんですね。
だから、これは本当にエライザさんの芝居にかかってる作品と言っていいと思います。
私としては、非常に満足のいく仕上がりになりました。
表情の演技がすごいですね。さすが、切なビューティーです。


globeデビュー20周年プロジェクトの一つとして、また、小室哲哉が描いた歌詞の­世界を象徴的に映像として表現するため、MUSIC VIDEOプロジェクトがスタートした。
「FACE」「DEPARTURES」など、90年代を象徴する大ヒット曲であるにも­関わらず、MUSIC VIDEO自体が存在していなかった楽曲、そして「FACES PLACES」などglobeの代表曲が、時代を超え、現代のファッション・アイコン­を主演女優に迎えて映像表現される。
注目すべきプロジェクトの第1弾楽曲は「FACE」。
ファッション誌「CanCam」のモデルとして、そして近年は映画への出演でより大き­な注目を集める池田エライザが主演を務めている。


スポーツ報知 「globe」大ヒット3曲のMV完成!未公開ショットも…KEIKO元気づける

3人組ユニット「globe」が、デビュー20周年を記念して「FACE」「DEPARTURES」「FACES PLACES」の3曲のミュージックビデオ(MV)を新たに制作したことが14日、分かった。

 小室哲哉(57)は「3曲とも、KEIKOが大好きで、特にこだわりを持って歌っていた曲」。15日からYouTube、映像配信サービス「dTV」で配信される。

 3曲が収録されたアルバムは2枚で810万枚と記録的ヒットを飛ばしながら、意外にもMVは作られなかった。「当時あまりにも多忙すぎて、とてもMVを撮影する時間がなく、とっても心残りとなっていた」と小室。「FACE」は池田エライザ(19)、「DEPARTURES」は三吉彩花(19)、「FACES―」は新川優愛(22)がそれぞれ主演して楽曲の世界観が表現された。

 KEIKOは11年10月にくも膜下出血で倒れ、今、歌声を聴くことは出来ない。だが、昨年の誕生日や今年のバレンタインデーには小室にプレゼントを渡すなど、夫婦支え合って懸命なリハビリを続けているという。昨年8月には映像で「私の歌を待ってくれている人にはありがとうと心から思います」と肉声を披露していた。KEIKOを元気づける作品にもなりそうだ。

BARKS globe、MUSIC VIDEOドラマプロジェクト始動。第一弾は「FACE」×池田エライザ

スポーツニッポン 「globe」90年代ヒット曲のMV制作へ 20周年で企画

夕刊アメーバニュース globeデビュー20周年記念MVドラマプロジェクトがスタート、第1弾「FACE」池田エライザ主演の映像公開



☆第1弾「FACE」 主演:池田エライザ
☆第2弾「DEPARTURES」 主演:三吉彩花
☆第3弾「FACES PLACES」 主演:新川優愛

池田エライザ Wikipedia
池田エライザ (@elaiza_ikd) | Twitter


2016/03/15 | 13:22
globeコメント:0トラックバック:0

J-MELO新テーマ曲♪♪作曲/小室哲哉 作詞/つんく♂ vocalはMay J.♪♪

cinemacafe.net‎ 小室哲哉とつんく♂が楽曲共作! May J.が歌う「信じられない気持ち」

NHKワールドTV/BSプレミアムの音楽番組「J-MELO」(ワールドTV日曜24:10、BSプレミアム土曜26:40)の新テーマ曲決定会見が9日(水)都内で行われ、音楽プロデューサーの小室哲哉と歌手のMay J.が出席した。

4月からのオープニグテーマ曲は、つんく♂さんが作詞、小室さんが作曲を担当。番組MCを務めるMay J.さんが歌う。すでに作曲を終えた小室さんは「ミディアムテンポの明るい曲で、お子さんでも口ずさめると思う。May J.が何でも歌える人なので、難しいものも作れたとは思うけれど、シンプルを心がけた」と紹介。つんく♂さんによる歌詞はまだ未完というが「自分一人でやれる人は詞と曲のバランスを一度に作った方が楽なので大変だと思います」と気遣いつつ「同じ職業なので楽しみにしています」と期待した。

May J.さんは「去年に番組10周年本を出した時に、小室さんとつんく♂さんのインタビューページを見て驚いた。素晴らしい企画で、まさかその曲を歌わせてもらうとは思ってもいなかったので、信じられない気持ち。そして楽しみにしています」と白羽の矢に気合十分。作詞担当のつんく♂さんは「小室さんと一緒にタッグが組めるという事で、とても興奮しております。そしてその曲をMay J.が歌うということで、緊張したりするのでしょうか…。肩の力を抜き、深呼吸。うん、大丈夫!」とのコメントを寄せた。

また小室さんは、最近のつんく♂さんについて「つんく♂と会う時は、何故か癒される。温かい感じ。打ち合わせというよりは、最近どうしてるの? という話で終わるくらい。彼はなかなか賢くて、実は凄く深い歌詞が多い。あれだけの女の子を束ねる力は、統率という意味で学校の先生以上に大変だったのでは? プロデューサーとしての才能もある。今更ながらその力を感じますね」と評した。


BARKS『J-MELO』新OP曲は小室哲哉×つんく♂の初タッグをMay J.歌う。ED曲はLiSA

4月からの新オープニングテーマは、これまでもモーニング娘。作品で番組テーマ曲を手がけたつんく♂が作詞を担当。さらに作曲には、つんく♂とも親交がある小室哲哉が手掛け、そして番組の司会でもあるMay J.が歌唱する。なお、小室哲哉とつんく♂の共作は今回が初めて。

約1年前、『J-MELO』10周年を記念した書籍『『J-MELO』が教えてくれた 世界でウケる「日本音楽」』の中で実現した小室×つんく♂対談。この頃から、『J-MELO』の原田悦志 チーフ・プロデューサーも両者によるテーマ曲の共作を希望していたという。

「(つんく♂とは)プライベートでも会っているし、やりとりはずっとしていた。」という小室。気になる楽曲については、すでに小室の作曲は終わり、つんく♂の歌詞があがってくるのを待っている状況だという。

「よくよく考えると歌詞のほうが大変かなって思いますね。世界発信ということも考えなきゃいけないだろうし。作曲面では、ワールドワイドというか、僕が心がけたのは、1回聴いたらなんとなく口ずさめるフレーズがある、ということ。1ヶ所だけでも簡単にすぐ口ずさめるような。それは心がけたかな、と。May J.が何でも歌える人なので、難しいのもできたと思うんですけど、すごくシンプルなところは心がけました。」── 小室哲哉

また小室は、昨今のつんく♂について、「今のつんく♂は一回りも二回りも大きくなっているので、その空気感だけで広い世界というか、愛っていうのが常にテーマとして持っている。愛のオーラみたいなのが、今のつんく♂には出てるんですよね。」と表現。さらに、「今後、どうなるかわからないですが、今度は逆、つんく♂が曲で僕が詞。それをJ-MELOでやれたらいいなって思います。」と、今後への希望も口にした。

そしてこの小室哲哉×つんく♂楽曲を歌うのは、番組司会でもあるMay J.。「『J-MELO』の10周年本で、小室さんとつんく♂さんのページを見てすごい驚いたんです。ふたりが一緒にいるところを見れるんだ、っていう。(今回)まさかふたりの曲を私が歌わせてもらえるとは思っていなかったので、本当に信じられないという気持ちです。そしてとても楽しみにしています。」と、嬉しそうにコメントした。

一方、4月からのエンディングテーマはLiSAが担当する。原田CPによると、番組には昨今、LiSAのリクエストが急増。また自身もインドネシアでLiSAのライブを観覧し、現地ファンの熱狂ぶりを目の当たりにしたことから楽曲を依頼した(たまたま一緒になった帰りの空港で)。

こちらの曲は、世界中の視聴者から「あなたの国でライブで盛り上がる言葉やフレーズ」を募集し、それを盛り込む形で制作が行なわれたという。なお、数多く海外公演を行なっているLiSAによると「“愛してるよ”って言葉が(海外では)一番伝わるなって思って。I LOVE YOUの中でも“楽しかったよ”とか“また会おうね”だったりとか、すごくいろんな意味を込めて言えている気がして。なのでエンディングテーマでは“愛”という言葉を大切に使わせていただいています。」とのこと。

「日本というと、東京という場所が海外で一番クローズアップされていると思うんですけど、他にも日本には素晴らしい場所があるんだというのを『J-MELO』を通じて伝えたいと思っています。だから、ほかの場所でもロケをして、現地で活躍されている日本のミュージシャンの方々も世界に発信していければいいなと考えています。」── May J.

「特に去年は久しぶりに海外でピアノとかやったりして、アジアのエネルギーはすごく感じるかなと思いますね。日本では、エンタメは輸入が当たり前なので、『J-MELO』は日本発信、輸出ということができる数少ない特別な番組だと思います。」── 小室哲哉

新テーマソングは、4月3日深夜(NHKワールドTV)、4月9日深夜(BSプレミアム)から放送が予定されている。

なお、会見ではつんく♂からのメッセージも紹介された。

つんく♂からのメッセージ
J-MELOをご覧の皆様こんにちは!
つんく♂です。

僕は過去にもJ-MELOのオープニング曲のプロデュースで何度か携わってきましたが、今回はなんと、小室さんと一緒にタッグが組めるということで、とても、心、興奮しております。
よろしくお願いします!

そして、その曲をMay J.が歌うということで、緊張してたりするのでしょうか…。
肩の力を抜き、深呼吸。うん、大丈夫!
May J.の透き通る歌声が世界中に轟くのを楽しみにしております!

どうか皆様、間もなくですので期待しててくださいね!

2016/03/10 | 18:36
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?