TM NETWORKとしての活動は、「小室クンと宇都宮クン次第で今年も何かやるかもしれませんね」

livedoor 「TM NETWORK」ギター担当 サングラスの木根尚登さんは今

1980年代後半から90年代前半にかけて人気を博した3人組ユニット「TM NETWORK」。王子様のようなルックスだった小室哲哉(58)、宇都宮隆(59)と違い、ひとりサングラスで素顔を隠していたのがギター担当の木根尚登さん(59)だ。トークがうまく、バラエティー番組にも出演していたが、今どうしているのか。

■昨年末に音楽演劇ユニットを立ち上げ

 木根さんに会ったのは都内目黒区、東急東横線「祐天寺」駅から徒歩12分の中央町社会教育館。

「昨年12月に音楽プロデューサー、脚本・演出家と3人で音楽演劇ユニット『劇団こどもみかん』を立ち上げました。今年に入り、旗揚げ公演『結婚なんて、クソくらえっ!』のために稽古をしています。“マナカナ”の三倉茉奈チャンと劇団『モダンスイマーズ』の古山憲太郎クンがメーンで、ボクも出演します。小室クンと宇都宮クンにも案内チラシをLINEで送りました。返事はなかったなあ、ハハハ」

 木根さんが舞台に力を入れているとは寡聞にして知らなかった。

「10年くらい前に声をかけられ、音楽劇に挑戦したのが最初です。以来、だんだん面白くなって、年1、2本は舞台に立っています。ボクは中学3年でオーディションを受けて以来、音楽の道を歩みましたが、60~70年代にテレビで放送された『シャボン玉ホリデー』や『ザ・モンキーズ』のような、ドラマと音楽とお笑いをミックスしたような番組が好きで、いつかそういうものを作るのが夢だった。それで『劇団こどもみかん』を立ち上げたわけです」

 もちろん、音楽活動は今でも続けている。

「5月から青森や広島、熊本などのライブハウスで16公演を予定しています。マネジャーをつけず、ギター一本で回っての弾き語りです。規模が小さい? ボクは『TM NETWORK』には“乗っからせていただいた”立場。『TM』が人気だからといって、ソロも大きなステージでなきゃやらない、なんてカン違いしちゃいけないと思ってます。ソロのボクはまだまだ、ですから」

 TM NETWORKとしての活動については、「小室クンと宇都宮クン次第で今年も何かやるかもしれませんね」と明るく語った木根さん。

 ところで、TM NETWORKの全盛時にはプライベートを一切明かさなかったが……。

「それはプロダクションとレコード会社の方針でした。ボクはTMでデビューした84年、1歳下の一般の女性と結婚し、今、30歳の娘と26歳の息子がいます。娘は舞台女優で、これからどういう方向に行こうか模索している感じ。息子は英語を使って働きたい、と勉強中です」

 子供たちは音楽の道に進まなかったのか。

「『楽器を教えて』と言われて教えたこともありました。でも挫折したみたいですね、ハハハ」

■もともとフォーク系だったのに…

 さて、木根さんは79年にロックバンド「SPEEDWAY」でデビュー後、同バンドのメンバーだった小室、宇都宮と3人で「TM NETWORK」を結成。84年に再デビューし、「Get Wild」をはじめ多くのヒット曲を飛ばした。

「ボクはもともとフォーク系。それが、TMでは女の子に『キャ~!!』と言われて、アイドルみたいだった。ステージでギターを弾きながら、すごいことになっちゃったなぁ……と思ってました。でも、なかなかできない、いい経験をさせていただきました。作曲もしてるから、今も印税で左うちわでしょ? なんて言われますけど、全然そんなことない。寂しいもんですよ!(笑い)」

2017/02/06 | 13:32
木根尚登コメント:0トラックバック:0

1月11日(月)テレビ朝日しくじり先生に木根尚登登場

しくじり先生 俺みたいになるな!!|テレビ朝日

TM NETWORKのギタリスト木根尚登先生が登壇!

「Get Wild」「Self Control」など数々の国民的ヒット曲を生み出したTM NETWORKのギタリスト木根尚登先生が登壇。そこで30年間ギターが弾けないのに弾けると、ウソをつき続けてきたと衝撃の事実を赤裸々に告白。当時は軽い気持ちでウソをついていたが、その後とんでもない地獄を見ることになってしまったという。この程度のウソだったら大事にならないと思っている人たちへ、ウソをつき続けると後々しんどくなって結果大きなしくじりにつながるという教訓は身につまされます!!

放送日 2016年1月11日(月)
テレビ朝日

2016/01/02 | 12:18
木根尚登コメント:0トラックバック:0

TM NETWORK 木根尚登が氷川きよしに楽曲提供 ポップス曲「hug」

鹿児島読売テレビ 氷川きよし、KIYOSHI名義でポップス

演歌歌手の氷川きよし(37)が28日、KIYOSHI名義で千葉・浦安市の舞浜アンフィシアターでコンサート「KIYOSHI special concert 2015~KIYOSHI’S SUMMER~」を開いた。  
KIYOSHI名義で開催するポップス曲のみで構成されたスペシャルコンサートで、今回が3年ぶり2回目。この日(1公演)と翌29日(2公演)に開催(3公演で6510人動員)される。  「僕が演歌を歌い始めたのは16歳のときだったんですけれども、その前はポップスを歌っていまして、青春時代に励まされたりしました。
きょうは、等身大の僕をこの歌(ポップス)で表現させていただきたいと思います」とこだわりを明かし「演歌とポップスは、僕の中では和食と洋食の違いでして、おそばもおいしいし、スパゲティもおいしい。ポップスは僕の中では洋食でして、歌を料理して歌わせていただきます。どうぞ最後まで楽しんでいってください」とあいさつ。  
井上陽水の「少年時代」、1977年にヒットした山口百恵さんの「イミテイション・ゴールド」や沢田研二の「勝手にしやがれ」、西城秀樹の「情熱の嵐」、米米CLUBの「君がいるだけで」、松田聖子の「SWEET MEMORIES」、THE ALFEEの「星空のディスタンス」、尾崎豊の「I LOVE YOU」など全23曲を熱唱した。  
さらに、全編、英語詩で歌うのは初めてというニルソンの「Without You」に初挑戦したり、
TM NETWORKの木根尚登が氷川のために作曲したポップス曲「hug」(CD化未定)を初披露。  
アンコールでは、ファンへのサービスとして最新シングル「さすらい慕情」とニューアルバム「新・演歌名曲コレクションーさすらい慕情ー」に収録の「男花」の2曲を歌い、一瞬コンサートを演歌調に変調。「すごく気持ちよく歌わせていただきました。またポップスコンサートを開きたいですし、できたらツアーもやってみたいですね」と目を輝かせた。



2015/07/29 | 09:35
木根尚登コメント:0トラックバック:0

バラエティ活躍中 木根さんのどうしても外せない名曲5曲★


PURE SNOW 佐々木ゆう子

https://www.youtube.com/watch?v=mbHDiiy4JdI&list=PLCx7nF9joi_82T55ZtR7cLuYVP-uhXlAs&index=55
PURE SNOW 神田沙也加

https://youtu.be/DVDQzLzdC88?list=PLCx7nF9joi_82T55ZtR7cLuYVP-uhXlAs
GET ON YOUR EXPRESS 宇都宮隆


LoveSongは歌わない 葛城哲哉


立川の空 木根尚登


Bless This Love 木根尚登



2015/07/21 | 09:53
木根尚登コメント:0トラックバック:0

木根尚登:小室哲哉からの謝罪の手紙公開

毎日新聞 木根尚登:小室哲哉からの謝罪の手紙公開

昨年、デビュー30周年を迎えた3人組ユニット「TM NETWORK」の木根尚登さんが、16日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)の2時間スペシャルに出演する。収録では、ユニットメンバーで音楽プロデューサーの小室哲哉さんから「ライブで海賊や兵隊のコスプレをさせたり、パントマイムや竹馬に乗らせたりしてすいません」という手紙が公開される。木根さんは「パントマイムは1年ぐらい練習したんですよ」と笑いを誘う。

 また、木根さんは「TM NETWORK」の成功の鍵は小室哲哉さんの加入だったといい「小室くんというアイデアマンが加わってくれて、サウンドがガラッと変わった」と語り、結成当初に行った全国ツアーは観客8人だったという過去も明かす。また、インターネットなどでサングラスを外した素顔が落語家でお笑いタレントの笑福亭鶴瓶さんに似ているという“疑惑”も検証される。

 この日の「ダウンタウンDX」は2時間スペシャルで、木根さん、尾木直樹さん、田山涼成さん、石井一久さん、木佐彩子さん、陣内智則さん、武井壮さん、壇蜜さん、高野人母美さん、あばれる君、阿久津愼太郎さん、三戸なつめさん、西川きよしさん、西川ヘレンさん、勝俣州和さん、GACKTさん、木下ほうかさん、福田充徳さん、堤下敦さん、三船美佳さん、スザンヌさん、MayJ.さん、ラブリさん、宮崎香蓮さんが出演する。


2015/07/17 | 12:12
木根尚登コメント:0トラックバック:0

Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?