小室哲哉、KEIKOの病後初の歌声を公開「今はもっと上手になってる」

スポーツ報知 小室哲哉、KEIKOの病後初の歌声を公開「今はもっと上手になってる」

音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が15日、自身のインスタグラムを更新し、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、療養中の妻・KEIKO(44)の病後初めての歌声を公開した。

 小室は「病気後に創って唄ってみた keikoの声です」として動画をアップ。動画には「2016~2017 KEIKO」の文字と夕陽が輝く砂浜の光景が映し出され、約2分間の曲をKEIKOが歌っている。歌った時期については触れなかったが、「きっと今はもっと上手になってると思う」とした。

 2人が所属する「globe」の曲を彷彿とさせるハイトーンボイスに、ファンからは「凄く感動しました!!」「また聞けると思わなかった、もう胸がいっぱいです」「もう聴けないと思ってました。涙が溢れてきました」「globe完全復活、期待して待ってます!!」など、興奮と感動のコメントが多数寄せられている。

 小室は今月9日にも自身のツイッターでKEIKOの近況を報告。「発症後、より一層桂子は理解を深めている 最近、今の私にあった曲なら唄えるよ~とも。桂子がkeikoになれるかもと、、僕こそ信じないとね!」とKEIKOが歌手活動に意欲を示し始めていることを明かしていた。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127) • Instagram



2017/08/15 | 11:55
globeコメント:0トラックバック:0

PANDORA feat. Beverly 「仮面ライダービルド」主題歌決定

PANDORA OFFICIAL WEBSITE

テレ朝系「仮面ライダービルド」主題歌決定

2017年で生誕46年目を迎える『仮面ライダーシリーズ』の19作目となる新・仮面ライダー「仮面ライダービルド」(9月3日(日)放送スタート)主題歌にPANDORAの楽曲が起用されることが決定!タイトルは『Be The One』。

今回、フューチャリングでボーカルを務めるのが、 アメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持ち、ハイトーンボイスを持つ世界レベルの実力派シンガーBeverly(ビバリー)です。
是非ともお楽しみに。

ユニット名:PANDORA feat. Beverly
仮面ライダービルド主題歌タイトル:『Be The One』

テレビ朝日系「仮面ライダービルド」
2017年9月3日(日)
【毎週日曜】 あさ8:00~8:30放送スタート!

「仮面ライダービルド」オフィシャルサイト
http://www.tv-asahi.co.jp/build/#/?category=anime

Beverly(ビバリー)プロフィール
アメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持ち、
日本が初めて体感するハイトーンボイスを持つ世界レベルの実力派シンガー。

デビューアルバム「AWESOME」に収録されている
「I need your love」のMusic Videoは既に
400万回再生を超え、iTunes他、各配信サイト
で1位を獲得し「レコチョク 上半期ランキング2017
新人アーティストランキング1位」を受賞。
今最も勢いのある新時代の歌姫。

http://avex.jp/beverly/

2017年で生誕46年目を迎える『仮面ライダーシリーズ』の19作目となる新・仮面ライダー「仮面ライダービルド」の主題歌に、小室哲哉さんと浅倉大介さんの新ユニット「PANDORA」の楽曲が起用されることが決定し、フィーチャリングボーカルとしてBeverlyが決まりました!

【ユニット名】
PANDORA feat. Beverly

【タイトル】
『Be The One』
(テレビ朝日系「仮面ライダービルド」主題歌)


2017/08/02 | 19:12
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

浅倉大介「嬉しい」師匠・小室哲哉と新ユニット結成 『PANDORA』

PANDORA OFFICIAL WEBSITE

TM NETWORK、globeのメンバーでもあり、J-POP史でも数々のヒットプロデュースを手掛けた小室哲哉と、 かつてはTMのサポートメンバーも務めaccessとしても活躍する日本でも第一線キーボードプレイヤー浅倉大介による新ユニット。
PANDORA="箱"にはボーカリスト、アート、さらにはテクノロジーとのコラボレーションによる新しいエンタテインメントが詰まっている。

「まずは尊敬する先生(小室哲哉)とのユニットです、ボク自身すごく嬉しいし、 とても楽しみです。先生の考える、これまで、今、これからのデジタルミュージック、 音楽シーンへのアプローチを、1つでも多くこのPANDORAで実現させたいと思います。」(浅倉)

「今の音楽シーンはジャンルがどうとか、形態がどうとか関係ない状況にあります。テクノロジーの進化により環境に合わせて、データを創ることが可能になりました。浅倉君は最高のシンセサイザープログラマーであり、キーボーディスト。僕の文科系のイメージを理科系の彼が音楽という形にする。作業は少しのコンピューターがあればどこでもできる。今回のユニットPANDORAの概念は”箱”です。その扉を開けて、いろいろなもの、音楽が出てくるのを楽しみにしててください。」(小室)

It’s the new unit formed by Tetsuya Komuro, member of TM NETWORK, globe and producer of many huge hits, along with Daisuke Asakura of access and former support member of TM NETWORK.
“PANDORA = BOX” is full of new entertainment in the form of a collaboration of vocalists, art and technology.

ASAKURA says,
“First of all, I’m happy and excited to form a unit with Sensei (Tetsuya Komuro) who I respect. Also, I would like to realize projects that approach the past, present and future of digital music and music visions that Komuro-sensei dreams up.”

Komuro says,
“The present music scene has no borders between genres and/or formats. Now, because the technology evolved, we can create data in accordance with visons. Asakura is one of the best synthesizer programmers and guitarists around. His scientific mind helps to turn my liberal arts minded images into music which we can do anywhere with a minimal computer system. PANDORA’s concept is “Box.” Be ready to open the box and experience music and many different things.”


日刊スポーツ 浅倉大介「嬉しい」師匠・小室哲哉と新ユニット結成

音楽プロデューサーの小室哲哉(58)と浅倉大介(49)が31日、新ユニット「PANDORA(パンドラ)」を結成したことを発表した。

 小室は自身の公式サイトにコメントを寄せ、「今の音楽シーンはジャンルがどうとか、形態がどうとか関係ない状況にあります。テクノロジーの進化により環境に合わせて、データを創ることが可能になりました。浅倉君は最高のシンセサイザープログラマーであり、キーボーディスト。僕の文科系のイメージを理科系の彼が音楽という形にする。作業は少しのコンピューターがあればどこでもできる。今回のユニットPANDORAの概念は“箱”です。その扉を開けて、いろいろなもの、音楽が出てくるのを楽しみにしててください」と、新ユニットへの意気込みを語った。

 浅倉は貴水博之とのユニット「access」での活動以前にTM NETWORKのサポートメンバーなどを務めた。師匠である小室とのユニット結成に「まずは尊敬する先生(小室哲哉)とのユニットです、ボク自身すごく嬉しいし、とても楽しみです。先生の考える、これまで、今、これからのデジタルミュージック、音楽シーンへのアプローチを、1つでも多くこのPANDORAで実現させたいと思います」とコメントを寄せた。


2017/08/01 | 14:56
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

8.16リリース SANKAKU デビューシングル 『素敵な足跡』 小室哲哉氏楽曲提供

SANKAKU公式サイト

DEBUT SINGLE
2017.08.16

『素敵な足跡』
SANKAKU
MPML-0004/2017.08.16/¥1,111+税
発売元:マンモスプロ株式会社 / 販売元:タワーレコード株式会社

小室哲哉氏より楽曲提供を受けた『素敵な足跡』。
曲名通り彼女たちの素敵な一歩となる第1弾シングル!!
江の島で大胆に踊るミュージックビデオもお楽しみに!

■Disc01
1:素敵な足跡
2:素敵な足跡 Instrumental

■Disc02
1:素敵な足跡 Music Video




2017/07/17 | 15:14
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

小室哲哉×松浦勝人 対談 当時小室の最初の言葉は 「avex作るのやめた方がいいんじゃない?」

小室の最初の言葉は「やめたほうがいいんじゃない?」だった。小室哲哉×max matsuura対談、4週にわたりOA

ニッポン放送『max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事』(毎週日曜25時~25時30分)が2009年7月5日の番組放送開始以来、今年の7月2日の放送で400回を迎える。それを記念してmax matsuuraと縁の深い小室哲哉が、6月18日(398回)から4週にわたりゲスト出演することがわかった。

すでに収録が行われ、番組内で小室哲哉とmax matsuuraことエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社代表取締役社長CEO松浦勝人の、1991年以来26年の付き合いになる歴史について語っている。

最初の出会いは1992年9月に発売された『TMN SONG MEETS DISCO STYLE』。このアルバムはTMNのヒット曲の数々をデイヴ・ロジャースがユーロビートにアレンジしたアルバムで、この企画を松浦勝人が小室哲哉にお願いしたときがふたりの出会いだった。

放送の中でその当時のことを振り返り、松浦勝人が小室哲哉に最初に言われたのは「やめたほうがいいんじゃない?」だったことを明かした。当時の松浦勝人は「10万枚ヒットを年に3枚作らないと会社が潰れるといわれ必死だった」と語り、この『TMN SONG MEETS DISCO STYLE』の発売に漕ぎつける。それ以来、レコード会社のエイベックス松浦勝人と小室哲哉の関係は始まる。

小室はエイベックスのことを「王道のレコード会社ではできない型破りなことができた」と語り、松浦は「ボク、当時20代でしたから必死でした」と返し、その一方で「レコード会社としての基礎をすべて小室さんから教わった」とも語った。

お互い、印象に残っていることばとして、松浦は「30歳までは結婚しないほうがいいよ、と言われた」、小室は「いつも松浦社長は社員にちゃんとやれ! と言っていた。それが印象に残り、自分でもちゃんとやろうと思った」とエピソードを披露した。

番組内では、これまでに話したことがないと本人たちが言う、楽曲タイアップを取ったときの苦労話や、楽曲制作にまつわる初めて話すエピソードなどが連発。“小室ファミリー”とも呼ばれたアーティストたちに楽曲を提供しヒットを連発、時代を作ったふたりの貴重な対談となっている。

番組情報
ニッポン放送『max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事』
06/18(日)25:00~25:30
06/25(日)25:00~25:30
07/02(日)25:00~25:30
07/09(日)25:00~25:30
パーソナリティ:max matsuura(エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 代表取締役社長CEO松浦勝人)
ゲスト:小室哲哉

番組サイト



2017/06/16 | 09:39
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?