小室哲哉が大学生に説いたキャリアの選び方

ログミー 小室哲哉が大学生に説いたキャリアの選び方「自分のプライドが保てるかどうかが大事」

法政大学キャリアデザイン学部の講義に、特別講師として音楽家の小室哲哉氏が登壇。90年代の音楽シーンを席巻し、今なお第一線で活躍する小室氏の知られざる学生時代のエピソードや、自身の創作活動、キャリアや働き方についての考え方に至るまで、幅広いテーマで学生たちに向けて講義を行いました。

レコード会社のアルバイトで学んだこと

田中研之輔氏(以下、田中) (会場に向かって)せっかくなんで、「これ聞いときます!」みたいな方、挙手をどうぞ。
(挙手がなかなか出ないのを見て)いきなりは緊張しちゃうよね(笑)。
(会場挙手)
あ、どうぞ。みんなの授業でもあるので、我々がしゃべるよりも、ぜひ。
参加者2 キャリアデザイン学部の○○と申します。自分も音楽制作の活動を3月ぐらいから始めて、今すごく気になっていることがあります。レコード会社でアルバイトをしたというのを聞いたんですが、そこから音楽業界へ入っていくとき、それでなにかつながりみたいなものはあったんですか?
小室哲哉氏(以下、小室) 結果的にはつながっていないんですけど、情報は入ったので。「こんな音楽雑誌の編集長のところにデモテープを持っていったらいいんじゃないの」とか。
あと、僕はジャンルをあんまり選ばずいろんなものを聞いているのは、レコード会社の人がそういうレコードをくれたからでした。あと、「(この曲を)なんでこんなに押すんだろう?」みたいなこともありました。『ホテル・カリフォルニア』って曲わかりますか?
参加者2 わかります。
小室 あれは僕のバイト時代、そのレコード会社が「一番売れる」と言っていて、とにかく死ぬほどハガキとか電話をさせられたんです。それで、僕1人じゃもう手が負えなかったんで、クラスメイトに「1枚ずつ書いてくれ」って頼んだりして。
要は社会がどんなものを売りたいのか。音楽に関してのターゲットとマーケットみたいなことですよね。(教えてくれた方は)20代の方だったと思うんだけど。そこからですかね。「このオーディション、こんなのがウケるよ」「これに出たらウケるよ」とか。そういうものを教えてもらいました。
田中 その生きた情報をその場で得て、それを貯めてく感じで。

近くにあるものを利用することが大切

小室 あとは自慢話じゃないけど、どうやって受かったのかみたいなことは、エンタメのその人たちが、「こう言ったから、俺(会社に)入れたんだよね」みたいな感じの話を、僕には直接関係ないですけど、聞けたんです。だから、関わらないよりは関わったほうがいいと思います。
でも、もう1個注釈を入れると、エンタメといっても今はレコード会社が一番じゃない時代なんで。もしかしたら通信事業とか物流のほうが力を持ってるかもしれないので。とにかく、近所にあるものを使うっていうのがいいと思いますね。
田中 (会場に向かって)使ってますか? 近所にあるもの。我々の近所は、(スマホを触る仕草をしながら)ここが近所で、ここから情報が入ってくるので。
小室 法政って上智(大学)とかは近いでしょ?
田中 近いです。
小室 近いですよね。僕の場合はそういうことだったりしますね。
田中 (大学同士で)連携をしながらってことですね。 
小室 そうそう。
田中 じゃあ、もう一方くらい。
参加者2 ありがとうございます。
田中 どう? 誰か質問あれば。今は「大学時代の小室さん」というテーマで進めているんで、なにか聞いてみたいことはありますか?
ちなみに、事前に集めてもらった質問で言うと、「これ、おもしろいな」と思ったんですけど、「大学時代に、今の小室さんの姿をご自身が少しでも想像できていたのか、まったくなかったのか?」っていうのは、どうでしょうか?
小室 音楽で食べていきたいというのはありましたね。今の話ともつながるんですけど、最悪でもないけど、音楽関係の仕事に就ければいいなっていうぐらいに、ミニマムにまで落とし込む。マキシマムとミニマムを考えていました。
マキシマムは、(音楽で)デビューできるということ。しかも、ブランドがあるところ。「ここに入ったんだよね。ここで契約したんだよ」「わ、すごいじゃん!」って言われるようなところに契約できるのがマックス。ミニマムは、音楽関係というか、ジャーナリストみたいなのになれたらいいな、というぐらいに思っていました。
田中 そういう意味では、ある程度は専門性に対してのマーケタイズとか、ターゲット化ということを、実は早いうちからやられていた。
小室 そうですね。いろんな人と対峙することによって、魅力を感じてもらえているのか、感じてもらえていないのか、みたいなことが重要で。
だから実は、今お話している何百人の方が耳を傾けてくれるのかどうなのか。もしかしたら、1列目の2人、3人だけしか届かないんじゃないのか、とか。武道館ぐらいなのか。はたまた東京ドームなのか。そういうことを考えています。

まずは自分自身にプライドを持つ

田中 ちょっとお聞きしたいんですけど、どういうふうに考えているのでしょうか? 例えば、自分がつくり込んだ曲がどんなふうに届いていくのか。素人目に見ますと、結果は、売上で届いたのかはわかると思うんですが、売る前から届かせるための、どういう頭の思考回路といいますか、なにか算段があるんでしょうか?
小室 普通ですけど、消費者の時代だろうが、そうじゃない時代だろうが、隣にいる人、そこにいる人、それからすぐに聞いてもらえる人、すぐに話して、どう反応というか……レスがある人、というところかな。
みなさんの世代だと、やっぱりお付き合いしているガールフレンドだったりですよね。僕の場合だと、……結局フラれちゃったんですけど(笑)。
(会場笑)
田中 そうなんですか。
小室 武蔵美の人とは、アーティスティックなところで気が合ったので、応援してもらっていました。その人に一番レスポンスを求めていましたね。
田中 「つくったけど、ちょっと聞いてみて」。
小室 「どうかな?」とか。あと、ライブハウスに来てもらうこととか。
(会場笑)
田中 そうなんですか(笑)。データベースがあるんですね、そういう(笑)。裕さん、どうです?
佐藤裕氏(以下、佐藤) 今、この世代はだいたい、自分の夢とかのマックスは設定しやすいんですが、ミニマムが設定しにくかったりするんです。それに関して、例のキャパシティとか、そのへんの角度からなにかアドバイスがあれば。
小室 そうですね、ミニマムですよね。僕がさっき言ったように。だから、なにかに関われればいいやっていう。円で例えれば、エンタメっていうエンターテインメントの円の端っこでもいいと思う。それがミニマムだと思うんですけど。それで自分のプライドが保てるか。
佐藤 プライド。
小室 自分に対するプライドですね。モチベーションではなくて、モチベーションの前にまず、それを自分が納得しているのかってことだと思うんです。なので、納得している範囲のインターセクションのようなところがあるなら、そこでいいと思うんですね。それがミニマムでいいと思うんですけど。
佐藤 なるほど、なるほど。
小室 要はプライドというものを自分が保てなかったら、それはミニマムでもないと思うんですね。もうミニマム以下というか、関係ないものになってしまうので。
例えば何だろうな。服飾業とかグラフィックでもなんでもいいんです。政治、経済、なんでも。マーケットでもいいんですけど、そこの円の中の一番外郭だとしてもプライドさえ持てれば、モチベーションにもつながると思いますし、クオリティにもつながると思うんです。
佐藤 まず、自分のプライドがある。
小室 うん、すごくありきたりな言葉ですけど、やっぱり自分のプライドって大きいと思います。なんにしろ。

会社、組織、人と「関わる」こと

田中 それは大学の頃から変わってないということですか?
小室 そうですね。たぶん、一番外だったら傷つくだろうと思うんですけど、でも、(プライドが)保てるかどうかが大きいと思うので。
あらゆるアルバイトを、今は学生だからこそできる。他の職業に少し触れることができると思います。そんな時に「あ、これはなんか、いじけてない感じでやれているな」「萎縮していないな」とか、そういう気持ちになれるものは「もうちょっと深掘りしてみようかな」ということだと思います。
佐藤 それがミニマムかもしれない。
小室 ミニマムかもしれないですね。
田中 (会場に向かって)どうです? みんないいですか? 質問。「あるよ」っていうタイミングで挙げてくださいね。
音楽家としての小室さんに対して、今のお話にもつながると思うんで、いくつか質問があるので聞いてみたいと思います。
これまで誰もが知る音楽の功績を残されているなかで、今もまだ生産されていますね。今のお話でもありましたが、どういう具体的な分岐点があり、どんな努力をしたのか。これは学生の言葉ですけど、「意識して取り組んだこと」。先ほどの「プライドを維持する」というのも1つの答えかもしれませんが、そのあたりを。
小室 そうですね。プライドがあるからつながると思うんです。時代があまりにも違うので、一概に同じとは言えないけど、自分の中でブランドというのに憧れていたんです。
みんなが知っていて、みんながうらやむこと……うらやむ企業、会社、組織、人、コミュニティ、ユニット。いろんな言葉がありますけど、それらと、先ほど言ったように、「関わる」ということが大きかったり。
僕は結果的には、ソニーというミュージックの中のエピックレコードっていうところを最終的に選んだけど、やっぱりソニーというものは、その時代ではブランド力が圧倒的に強かったですね。「It’s a Sony」という感じですごかったんです。だから、「ソニーの中に関われたらいいや」というのがミニマムで。「ソニーというものに関わりたい」という一心で。
田中 同じなんですね。
小室 同じなんですよ。
田中 そのアプローチの仕方から、正社員でってなるわけなんですね。
小室 だから、1人でミニマムとマックス、両方経験できたということ(笑)。
田中 すばらしいです。
小室 結果、アーティストとして、ソニーで一番売上をあげたことも1回あるので。だから、一番上と一番ダメなやつを経験しました。
  
※続きは近日公開


2017/10/16 | 15:10
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

安室奈美恵 極秘再会で実現!新曲は11月リリース?16年ぶり小室プロデュース

女性自身 安室奈美恵 極秘再会で実現!新曲は16年ぶり小室プロデュース

《引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りのことを精一杯し、有意義な1年にしたい》

9月20日、公式HPで来年9月16日をもって引退することを発表した安室奈美恵(40)。これからの1年の抱負をこう語った。11月8日、ベストアルバム『Finally』を発売する。実はここで、大きなサプライズがあるという。

「今年の8月、安室さんは小室哲哉さん(58)と極秘で再会したんです。2人が会うのは数年ぶりのはずです。すでに引退を考えていた安室さんは、ブレークのきっかけをつくってくれた恩師というべき小室さんに気持ちを伝えたかったのかもしれません。そこで話が盛り上がり、小室さんのプロデュースによる新曲が決まったんです」(音楽関係者)

95年にソロデビューした安室は、3曲目小室が楽曲をプロデュースし、大ブレイクを果たした。だが、01年に安室は“小室ファミリー”を離脱した。安室自身が他の路線に挑戦したいと考えたことなどが理由だった。その後、疎遠な時期が続き、小室の曲をまったく歌わない時期もあったという。

《一時期、小室さん時代の曲はしばらく歌わない方が良いのかもと思っていました。過去は振り返りたくないし、私は今の自分を見てほしかったから。でも、小室さんが作ってくれた歌はいい歌が多いんですよ。今でも歌うとテンションが上がる。やっぱり、いいものはいいし、そう素直に言える大人でいたい》(『AERA』08年5月12日号)

袂を別ってから16年。歳月が雪を溶かしたようだ。

「すでに、レコーディングに入っているようです。アップテンポな曲で、これまで小室さんが制作した安室さんの楽曲でいうと『Don't wana cry』に雰囲気が似ているかも。“2人の黄金期”を彷彿とさせる曲ですね。11月のベストアルバムにこの新曲も入るように進められています」(前出・音楽関係者)

9月22日、仕事先のイタリアから帰国した小室は、羽田空港で取材に応じた。

「(引退は)考えられなくもないなぁという感じです。始まりから卒業まで、すべてを見られることは初めてなので、感慨深いものはありますね」

次々と新しいことに挑戦し、多くの人に感動を与えてきた安室奈美恵。最後の1年も、彼女の挑戦は止まることはない。

2017/09/26 | 09:22
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

ついに日本経済新聞までも!! 安室さん引退、小室哲哉とのミリオン作品多数

日本経済新聞 ヒット曲連発に細眉、厚底ブーツ… 安室さん引退

細い眉、厚底のブーツ、茶髪で日焼けした肌――。こんな格好の若い女性たちが1990年代後半、東京・渋谷などの繁華街にあふれたのを覚えているだろうか。20日に来年9月の引退を発表した歌手の安室奈美恵さん(40)はその文化の象徴で、彼女たちがお手本とするファッションアイコンだった。安室さん引退を前に商機を狙う企業もある。

安室さんは92年にダンスグループ「SUPER MONKEY’S(スーパーモンキーズ)」のメンバーとしてデビューし、その後ソロ活動を開始。人気が爆発したのは95年以降だ。同年に小室哲哉さんが初めてプロデュースした「Body Feels EXIT」がヒットし、続く「Chase the Chance」はミリオンセラーに。翌96年に発表したアルバム「SWEET 19 BLUES」は300万枚を超える人気となった。最大のヒット曲は97年に発表した、ドラマ「バージンロード」の主題歌「CAN YOU CELEBRATE?」。結婚式で歌われる曲の定番となり、安室さんの代表曲といえる。

オリコンは引退を受けて安室さんの楽曲の歴代売上高ランキングを公表した。ミリオンセラーは95~98年を中心に、シングル、アルバムともに5枚ずつ。同社によると、今年5月に発売したシングル「Just You and I」が23年連続で「シングルトップ10」に入り、V6と並んで歴代1位タイの記録。10代、20代、30代と「年齢での3つの年代にわたるミリオン達成は安室さんが唯一」(オリコン広報部)という。

引退のニュースをきっかけに、安室さんの楽曲の販売やカラオケで歌われる回数も増えそうだ。第一興商は「SNS(交流サイト)などを使った安室さんに関する告知も考えている。安室さんの歌を当社の通信カラオケで歌うお客様が増えるとうれしい」(PR課)という。また、安室さんが系列の事務所に所属するエイベックス・グループ・ホールディングスの株価は21日、前日比1.8%高で取引を終えた。

曲が売れただけでなく、当時の10~20代の若者のファッションや文化への影響も無視できない。女性たちの間ではバブル期の太い眉から一転し、眉毛をすべて抜いてペンシルで細く書く「細眉」が流行。膝上のミニスカートに10センチメートルを超える厚底のブーツ、茶色い髪と日焼けした肌。安室さんの格好をそっくりまねる女性たちは「アムラー」と呼ばれた。

安室さんは77年生まれ。同世代や少し下の世代に絶大な支持を得て、70年代後半から80年代後半生まれの「ポスト団塊ジュニア世代」にアムラーが増殖。ポケットベルやルーズソックスなどとともに90年代後半の若者文化を彩った。人気が絶頂の97年に結婚し、出産後に復帰。2000年には九州・沖縄サミットのイメージソング「NEVER END」を担当した。その後も全盛期ほどではないものの、08年発表のアルバム「BEST FICTION」がミリオンセラーとなるなど、年を重ねても変わらない「かっこよさ」で安定した支持を得ていた。

安室さん引退のニュースを受けて、ツイッターなどネット上では「私の青春」「昔アムラーだった」と、当時を懐かしむ声であふれた。アジアでも人気がある安室さん。中国の「微博(ウェイボ)」など海外のSNSでもファンたちが引退を惜しんでいる。

2017/09/21 | 18:00
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

mu-mo 人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

TM NETWORKをはじめ、シンセサイザーを駆使した音作りで早くからデジタル技術を音楽に取り入れてきた小室哲哉。この度、浅倉大介との新ユニット“PANDORA(パンドラ)”を結成して音楽シーンへ新たなアプローチを試みる事になった彼に、AIで音楽はどのように変化していくのか、そして小室哲哉自身の音楽はどのように進化するのか伺いました。

人工知能は音楽家を変えるのか。早くからシンセサイザーなど最新の音楽機器を駆使してきた小室哲哉さんは「音楽の世界でも、人工知能に人間が時々負けて、時々勝つ。なんてことが起きるかもしれません」と話します。一方で「最終的に音楽の価値を決めるのは人間」と語る小室さん。人工知能がもたらす未来について聞きました。


「予想外のことやってくれるか、まだわからない」

人工知能は音楽の世界にも浸透しつつあります。最近では、AIの技術を使ってビートルズの楽曲をベースにした「新曲」が発表されています。

デジタル技術と音楽の関係について小室さんは「使っているといえば、何十年も前からアシスタントとして使っている」と言います。

曲作りの際、過去の曲を瞬時に呼び出して参考にしたり、シンセサイザーを使ったり。人工知能が騒がれる前から、最新の技術を仕事に取り入れてきました。

一方で「予想外のことをやってくれるかどうかは、まだわからない」とも。

「シンセサイザーのつまみをいじると、想像もしない音が出てくることがあります。でも、この『いじる』という行為は人がやっている。曲のデータベースも基本的にはサポーター」

指示通りに動くこと以上の驚きは、まだ体験したことがないと言います。

「音楽は押しつけられるものではない」

人工知能を使っておすすめの曲を選んでくれるサービスが生まれるなど、音楽の楽しみ方も変わりつつあります。

それでも小室さんは「音楽の基本部分はあまり変わらない」と言います。

「音楽ってもともと、そこまで集中しなくても、なじんで入ってくる存在。よし聞くぞ、好きになるぞ、という楽しみ方ではなかった」

現在、人気のストリーミングサービスは、膨大な数の曲のデータベースが売りです。ネットがあれば、昔のように発売日にレコード店に行く必要もありません。

小室さんの言う「自然に耳に入ってくる」存在としての音楽は、人工知能など最新のテクノロジーやサービスによって、役割が増してきているとも言えます。

「音楽は押しつけられるものではない」と言い切る小室さん。

「でも、音楽がない時に『ああ、あれ聞きたいな』とか、新しい曲を聴いたとき『今、出会った曲、大切にしたいな』となれるのか。人工知能が出てきても、そういう音楽の価値は変わらないんじゃないでしょうか」と話します。

「経験がなくてもできちゃう人。それが天才」

90年代を中心にダンスミュージックも多く手がけてきた小室さん。最近では音楽フェスのようなイベントが人気です。

「フェスは視覚的な効果や演出などストーリーが大事。人工知能がゼロからフェスを作ることはできないんじゃないでしょうか」と指摘します。

「一度、経験すればどんどんうまくなるのが人工知能。逆に経験がないと何もできない。それは人間も同じです。そして、時々、経験がなくてもできちゃう人がいる。それが天才と呼ばれる人なんだと思います」と語ります。

人間の役割については「ゼロを一にする。丸を棒にする。それって最も大きな驚きだと思います。その後は数字の組み合わせに過ぎない。それができるのは人間だと思う」

「石ノ森章太郎さんは、やっぱりすごい」

小室さんは2017年8月、『仮面ライダービルド』の主題歌「Be The One」を、浅倉大介さんとのユニット“PANDORA”で手がけました。

今回、あらためて仮面ライダーと向き合い、人間にしかできない「最初に生み出すすごさ」を実感したと言います。
「石ノ森章太郎さんは、やっぱりすごいですね。今も生き続けている。そんなキャラクターを、最初に名付けた。これは、すごいなと思います」

曲作りの際には、これまでの仮面ライダーファンである男の子を意識しつつ「ターゲットはあまり絞らないように考えた」そうです。

「仮面ライダーは、もはや親子で楽しめる存在になっているんじゃないか。今も仮面ライダーを楽しめる気持ちを持った人にも聞いてもらいたい。そう考えると、マーケットなんてどこにもなくて、逆にターゲットは、すごく巨大になるのかなと思いました」

「アンダーコントロールというのはまず不可能」

現在の音楽ビジネスについては「あるジャンルについて、すごく熱い人と冷たい人の差が激しい時代」だと見ています。

過去に百万枚以上のヒットを連発してきた小室さんですが「もしかしたら、満遍なくっていう気持ちでやる音楽というのは、ぬるくなってしまい危険かもしれないです」

好みがはっきり分かれる一方、小室さんは「ジャンルを飛んで別の曲にも出会いやすくなっている」と言います。

「エンドユーザーという人ほど、すごく、フレキシブル。自由度が高すぎて、そんなに思うように動いてはくれない。時代の変化を感じます。アンダーコントロールというのはまず不可能です」

自由になった一方、聞き手に届く曲の数には限界があります。そんな時代を音楽の作り手としては「長持ちするのが難しい」と実感しています。

「自由すぎて、いろんな音楽をやってもいいけど、(聞き手に届くまでの)ゲートの大きさは変わっていない。能力のない人はすぐ落ちちゃうし、10年、音楽をやり続けているような人が少なくなっています」

「今まで活動してきた自分の世界観を形にしたい」

そんな時代、小室さんが大事にするのが「自分なりの音楽を突き詰めること」です。

「90年代から今まで活動してきた自分の世界観。それを音楽で形にしていきたい。それぞれの曲は違うんだけど、俯瞰(ふかん)すると何か色がでている。そうなると、大成功だと思う」

ユーザーの好みが多様化し、それを加速させる様々なサービスが生まれる現代。音楽家に求められるのは「人としてのセンス」だと言います。

「センスを磨いて、維持する。人間だとこれくらいで飽きちゃう、みたいなのがわかるように。集中力も、記憶力も、AIほど忍耐強くないから」

「いい音楽、最終的に決めるのは人間」

小室さんは、遠くない未来、作詞家、作曲家、編曲家に(IBMが開発した)ワトソンのようなAIの名前が入ることも考えられると言います。

「でも、囲碁や将棋のように勝負がないのが音楽。人工知能と人間が名前を一緒に連ねるんだけど、どっちの音楽がいいかは最終的に人が決める」

「時々、まけてもいいし、勝ってもいい」

それでも人間にしかできないことは「いつか、自分が無くなってしまうことを自覚できること」。

「いつか曲作りができなくなる恐怖。機械は警告は出すけど、本当に怖がることはできない。そんな感覚までAIが持ち出したら、すごいと思う」


2017/09/05 | 17:06
小室哲哉コメント:0トラックバック:0

小室哲哉、KEIKOの病後初の歌声を公開「今はもっと上手になってる」

スポーツ報知 小室哲哉、KEIKOの病後初の歌声を公開「今はもっと上手になってる」

音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が15日、自身のインスタグラムを更新し、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、療養中の妻・KEIKO(44)の病後初めての歌声を公開した。

 小室は「病気後に創って唄ってみた keikoの声です」として動画をアップ。動画には「2016~2017 KEIKO」の文字と夕陽が輝く砂浜の光景が映し出され、約2分間の曲をKEIKOが歌っている。歌った時期については触れなかったが、「きっと今はもっと上手になってると思う」とした。

 2人が所属する「globe」の曲を彷彿とさせるハイトーンボイスに、ファンからは「凄く感動しました!!」「また聞けると思わなかった、もう胸がいっぱいです」「もう聴けないと思ってました。涙が溢れてきました」「globe完全復活、期待して待ってます!!」など、興奮と感動のコメントが多数寄せられている。

 小室は今月9日にも自身のツイッターでKEIKOの近況を報告。「発症後、より一層桂子は理解を深めている 最近、今の私にあった曲なら唄えるよ~とも。桂子がkeikoになれるかもと、、僕こそ信じないとね!」とKEIKOが歌手活動に意欲を示し始めていることを明かしていた。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127) • Instagram



2017/08/15 | 11:55
globeコメント:0トラックバック:0

Copyright © Make a Brand new Day All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?